ホーム

官公庁・地方自治体入札市場レポート(2018年2月)

~2018年2月の公示案件数の合計は113,402件(前月比+15.43pt)~


「入札情報速報サービスNJSS〈エヌジェス〉官公庁・地方自治体入札市場レポート」は、
2008年より「入札情報速報サービス NJSS」を運営し、官公庁・地方自治体から公示される
入札案件を毎日収集し続けてきた、株式会社うるる が、毎月の入札市場と入札参加社の動向をお届けします。
※当調査は、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です

2018年2月の公示案件数の合計は113,402件(前月比 +15.43pt)

最多は東京都の13,174件,最少は山梨県で595件

NJSS内検索回数NO.1は「遺失」,他に「スクールバス」なども順位を上げた


入札のプロが語る。データから読む入札の動向

年度末特有の施設警備、施設清掃の年間契約更新案件がある為、「警備」「清掃」が検索キーワードの上位にきている。
また、「スクールバス」や「遺失」というキーワードの急上昇にも同様の背景がある。「スクールバス」においては、警備・清掃同様4月からの運行業務年間契約の案件が公示される為、キーワードが上昇した。
また1位の「遺失」については、電車やバスなどで持ち主不明の物品が各自治体や警視庁に集まるが、特定の期間保管を経て、廃棄や売却措置が取られる。その為、リサイクル業者や産業廃棄物業者がこの類の案件を集中して収集した事が想定される。
(NJSS事業部長 清水希)


入札情報速報サービスNJSSとは

市場規模21兆円の、全国の官公庁・自治体・外郭団体をはじめとした全国7,017の機関の入札/落札情報を一括検索・管理出来る業務支援サービス。
役務から物品、建設・工事まで、あらゆる分野の入札情報が検索可能。情報はクラウドワーカーが目視・手作業で収集を行っているので、プログラムのみでは取得できない情報も網羅されていることが最大の特徴です。

オーダメイド入札市場レポートのご提供について

官公庁・地方自治体入札市場レポートの提供に伴い【先着10社様限定】にて無料でオーダーメイドの入札市場レポートをご提供します。
自社で参加できる案件がどの程度あるのか、それらの案件はどのような企業にいくらで落札されているのか。
既に入札市場に取り組んでいらっしゃる方やこれから入札市場に取り組むことを検討している方には必見の内容となっております。

 受付終了

【ご注意事項】
・当月次レポートは、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。当社は、当月次レポートに掲載されている投稿内容につきまして、情報の内容や正確さには細心の注意を払っていますが、利用者が当レポートの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
  お問い合わせ先:株式会社うるる NJSSセミナー事務局 03-6225-0855