ご相談無料

TEL 03-6225-0855

無料版を使う
ホーム

【NJSSご利用者様必見!】効果的なNJSSの利用方法⑥~詳細検索機能について~

300万以上ある案件の中から、お客様が欲しい案件や落札結果を探して頂く際に、ぜひ活用して頂きたいのが『詳細検索』です。

今回は『詳細検索』で可能な様々な検索方法をご紹介したいと思います。

 

キーワード検索

①AND検索・・・案件をより絞り込みたい場合に使用ます。①に2つ以上のキーワードを入力すると、案件名にそれらすべてを含む案件が検索されます。

※キーワードを多く入力すると、絞り込みまれすぎてしまい案件がヒットしづらくなります。多くても2~3個での検索をおすすめします。

【例】 案件名に「事務」と「派遣」両方を含む案件を検索したい場合

①に 「事務_派遣」で検索 → 『事務補助職員の派遣』などがヒット

 

②OR検索・・・何度も検索をかける手間を省きたい場合に使用します。②に 2つ以上のキーワードを入力すると、案件名にいずれかを含む案件が検索されます。

【例】 案件名に「事務」と「派遣」どちらかを含む案件を検索したい場合

②に「事務_派遣」で検索 → 『事務補助職員の派遣』、『事務用消耗品の購入』、『開業PR・活動支援マスコット派遣事業』などがヒット

 

③NOT検索・・・検索結果から、あるキーワードを除きたい場合に使用します。①と③それぞれにキーワードを入力すると、案件名に①が含まれ③が含まれない案件が検索されます。

【例】 案件名に「事務」を含み「派遣」を含まない案件を検索したい場合

①に「事務」、③に「派遣」で検索 → 『事務用消耗品の購入』などがヒット

 

検索対象

④検索対象・・・この項目にチェックを付けると、検索対象を「案件詳細・案件備考」「業種」まで広げることができます。公示書に記載のある商品名なども検索可能なので、キーワード検索で案件がヒットしないときに使用することをおすすめします。

 

絞り込む

⑤状態で絞り込む・・・これから入札が行われる案件、すでに終了している案件、落札結果が付いている案件など、案件の状態を指定して検索することができます。

 

⑥検索条件で絞り込む・・・ご自身で決めた検索条件を検索へ反映することができます。

※検索条件は、マイページの『検索条件管理』からご設定いただけます。資格・案件都道府県・入札形式を設定可能です。

 

⑦公示日/締切日/落札日/落札金額/落札単価で絞り込む・・・それぞれの条件を指定して、検索することができます。

 

表示件数

⑧表示件数・・・検索結果の表示件数を20/50/100件から選ぶことができます。初期設定は20件表示になっているので、多くの案件を1度に確認したいときにご利用ください。

 

お客様のお探しの案件をより効率的に探し出せるよう、ぜひ『詳細検索』を効果的にお使い頂ければと思います。