ホーム

安倍内閣の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」入札マーケット拡大の兆候

安倍政権に変わり、短期的ではありますが経済の活性化の見込みが出て来ました。入札市場も例外ではなく、民間企業への機会増加が見込める状況になってきました。それでは、阿部政権の施策と入札市場へ与える影響について考えてみたいと思います。

政権交代による経済の活性化

阿部内閣は国や自治体などを合わせた事業費が20・2兆円(国は今年度補正予算案で10・3兆円支出)にのぼる「日本経済再生に向けた緊急経済対策」を閣議決定した。市場も反応しており89円の円安、日経平均18000円の高値を付けており、日本のみならず、世界からの期待も伺えます。

3本の矢」

対策は、大きく3つ。①財政出動、②大胆な金融緩和、③成長戦略

特に財政出動を中心とした第1弾で60万人の雇用をつくり、国内総生産(GDP)を2%ほど押し上げることを目指すと指針を示している。一概に雇用の創出といってももちろん単純なものでは無く、雇用創出を実現するにあたり、各工程が民間企業への機会増加と考えられます。

「施策が与える入札市場への影響」

雇用を増やす施策に対し、顕在的に発生する案件としては人材の「教育」「研修」「スキルアップ」「マナー」、または総合的な人材開発案件が多く公示される事が見込まれます。また、セミナーの運営やセミナー資材の輸送等の間接的な案件も増加する事が見込めます。つまりは教育、人材に関わる業務のみならず、各事業者へ入札へのチャンスが増加する事が見込めます。

補正予算投入前にしっかりと情報収集をする事が重要

一方で補正予算が投入される見込みは来期(4月以降)の話です。では、「補正予算を待って入札市場への参加をすればいい」という訳ではございません。補正予算に反応する調達機関、または案件等も先行的に公示される可能性は十分あります。予算を待ってからでは既に対応が間に合わないなんて案件も出てきてしまう可能性が高い為、一般的な繁忙期でもある今こそ入札に取り組む必要があります。

NJSS(入札情報速報サービス)は、約5,000の調達機関から公示される入札案件を検索できるサービスです。入札はいかに多くの取り組める案件を見つけることができるかが肝心ですが、そんな需要に最適なツールとなっています。NJSSでは現在新規のお客様に、8日間の無料トライアルを実施しています。入札市場での成果につなげられるようぜひ活用してみて下さい。

NJSS無料トライアルはこちら

 

安倍内閣の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」入札マーケット拡大の兆候

安倍政権に変わり、短期的ではありますが経済の活性化の見込みが出て来ました。入札市場も例外ではなく、民間企業への機会増加が見込める状況になってきました。それでは、阿部政権の施策と入札市場へ与える影響について考えてみたいと思います。

政権交代による経済の活性化

阿部内閣は国や自治体などを合わせた事業費が20・2兆円(国は今年度補正予算案で10・3兆円支出)にのぼる「日本経済再生に向けた緊急経済対策」を閣議決定した。市場も反応しており89円の円安、日経平均18000円の高値を付けており、日本のみならず、世界からの期待も伺えます。

3本の矢」

対策は、大きく3つ。①財政出動、②大胆な金融緩和、③成長戦略

特に財政出動を中心とした第1弾で60万人の雇用をつくり、国内総生産(GDP)を2%ほど押し上げることを目指すと指針を示している。一概に雇用の創出といってももちろん単純なものでは無く、雇用創出を実現するにあたり、各工程が民間企業への機会増加と考えられます。

「施策が与える入札市場への影響」

雇用を増やす施策に対し、顕在的に発生する案件としては人材の「教育」「研修」「スキルアップ」「マナー」、または総合的な人材開発案件が多く公示される事が見込まれます。また、セミナーの運営やセミナー資材の輸送等の間接的な案件も増加する事が見込めます。つまりは教育、人材に関わる業務のみならず、各事業者へ入札へのチャンスが増加する事が見込めます。

補正予算投入前にしっかりと情報収集をする事が重要

一方で補正予算が投入される見込みは来期(4月以降)の話です。では、「補正予算を待って入札市場への参加をすればいい」という訳ではございません。補正予算に反応する調達機関、または案件等も先行的に公示される可能性は十分あります。予算を待ってからでは既に対応が間に合わないなんて案件も出てきてしまう可能性が高い為、一般的な繁忙期でもある今こそ入札に取り組む必要があります。

安倍内閣の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」入札マーケット拡大の兆候

安倍政権に変わり、短期的ではありますが経済の活性化の見込みが出て来ました。入札市場も例外ではなく、民間企業への機会増加が見込める状況になってきました。それでは、阿部政権の施策と入札市場へ与える影響について考えてみたいと思います。

政権交代による経済の活性化

阿部内閣は国や自治体などを合わせた事業費が20・2兆円(国は今年度補正予算案で10・3兆円支出)にのぼる「日本経済再生に向けた緊急経済対策」を閣議決定した。市場も反応しており89円の円安、日経平均18000円の高値を付けており、日本のみならず、世界からの期待も伺えます。

3本の矢」

対策は、大きく3つ。①財政出動、②大胆な金融緩和、③成長戦略

特に財政出動を中心とした第1弾で60万人の雇用をつくり、国内総生産(GDP)を2%ほど押し上げることを目指すと指針を示している。一概に雇用の創出といってももちろん単純なものでは無く、雇用創出を実現するにあたり、各工程が民間企業への機会増加と考えられます。

「施策が与える入札市場への影響」

雇用を増やす施策に対し、顕在的に発生する案件としては人材の「教育」「研修」「スキルアップ」「マナー」、または総合的な人材開発案件が多く公示される事が見込まれます。また、セミナーの運営やセミナー資材の輸送等の間接的な案件も増加する事が見込めます。つまりは教育、人材に関わる業務のみならず、各事業者へ入札へのチャンスが増加する事が見込めます。

補正予算投入前にしっかりと情報収集をする事が重要

一方で補正予算が投入される見込みは来期(4月以降)の話です。では、「補正予算を待って入札市場への参加をすればいい」という訳ではございません。補正予算に反応する調達機関、または案件等も先行的に公示される可能性は十分あります。予算を待ってからでは既に対応が間に合わないなんて案件も出てきてしまう可能性が高い為、一般的な繁忙期でもある今こそ入札に取り組む必要があります。

— /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:””; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.5pt; mso-bidi-font-size:11.0pt; font-family:”Century”,”serif”; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} –>