ホーム

入札市場で勝ち抜く為の入札結果情報

入札市場は現在多くの企業が参加する大きなマーケットです。

一方で競合が犇めく市場でもあります。

では入札市場で優位に立つにはどのような情報が必要になるでしょうか。

落札結果の重要性

入札で効率的、且つ優位に立てる情報、それは「落札結果」です

 

・自社で提出した見積もりは500万円!しかし、落札金額は200万円・・・

 

入札市場で良く起こりうる事象です。

本来の見積もり作成は、お客様から情報を聞いて、積算でお見積りを作成が基本です。

しかし、入札市場においては競合が何社いるのか、いくらで応札してくるのか、そういった情報が当日入札日迄わかりません。

このような結果になると、仕様書を読み込んだ時間、見積もりを作成している時間すべてが水の泡です。

 

そこで必要になるのが、過去の「落札結果」です。

入札案件は多くが長期契約案件です。一方で1年毎の契約案件が多い為、毎年ほぼ同じ内容で入札公示されます。

各調達機関で過去の結果等は基本的に公示されますが、URLが切れていたり、情報が必ず閲覧できるとも限りません。

 

NJSSは落札に必要な情報を取得できるツール

入札情報提供サービスNJSSでは公表されている過去の落札結果もデータ蓄積しているので、「この案件に入札したい」というものが見つかれば、昨年、一昨年前にいくらでどの企業が落札しているかも検索する事ができます。

 

NJSSは入札情報を取得するだけのツールではなく、落札する為に必要な情報を取得でき、効率を上げる事ができるツールですので是非ご利用下さい。

8日間無料トライアルはこちら