ご相談無料

TEL 03-6225-0855

無料版を使う
ホーム

NJSSでは、案件検索時に入札形式を絞って検索することができます。
入札形式とは、入札など、業務を契約する相手を決定する為の方法です。
入札形式と一言で言ってもさまざまな種類がありますので、今回はNJSSで扱っている案件の入札形式(業務契約相手の決定方法)についてご説明致します。

1. 一般競争入札

入札情報を公示して参加申込を募り、条件を満たしたすべての参加申込者同士で競争に付して契約者を決める方式です。

※ NJSSでは、制限付き一般競争入札についても一般競争入札として登録しています。
制限付き一般競争入札は大きく分けると以下の2つに分別されます。

  • 事前審査型一般競争入札

~入札前に「入札に参加する資格(要件をクリアしているか)があるか」について審査する方式。

  • 事後審査型一般競争入札

~落札後に「入札に参加する資格(要件をクリアしているか)があるか」について審査する方式。

2. 企画競争(入札・コンペ・プロポーザル)

発注元が調達を行う際、参加者を公募し、企画書の提出を求める方式のことです。

3. 指名競争入札

発注者側が指名した者同士で競争に付して契約者を決める方式です。

4. 希望制指名競争入札

希望制指名競争入札に登録される案件の性質は、大きく分けると以下の二つに分別されます。

  • ● ある機関の入札参加資格者名簿の希望業種から企業を複数選定し、技術資料を提出させた後、入札に参加させる企業を指名する方式。

 

  • ● 要件付きで公示を実施し、入札参加希望者を募った後、入札に参加させる企業を指名する方式。


機関側の入札形式の記載としましては、以下のように記載されています。
※ 公募型指名競争入札、希望制指名競争入札、参加希望型指名競争入札、意向確認型指名競争入札

5. 公募

入札を行わない調達の募集方法です。
業務の内容は多岐にわたります。
「施設の指定管理者募集」や「自動販売機設置事業者の募集」はここにあてはまります。
※ NJSSでは、「補助金」「助成金」「給付金」「研究費」を受けるための募集については収集していません。

6. 資料提供招請

調達に関する実際上の必要性や仕様書案について企業から資料等の提供を求めることです。
説明会を開き、要請する資料の提供を求められます。

7. 意見招請

仕様書案について企業から仕様書案への意見を求めることです。
参考資料、参考見積を求めることもあります。

8. 随意契約

一般的には国、地方公共団体などが競争入札によらずに任意で決定した相手と契約を締結すること、及び締結した契約をいいます。
NJSSに登録されている随意契約の内容は、以下のパターンに分けられます。

  • 特命随契

業務内容、使用機器や仕様によりある特定の企業とのみ競争に付さず契約することを言います。
また、企画競争やプロポーザル、公募の契約結果としても随意契約として公表されます。

  • 少額随契

見積案件の結果は随意契約として公表されます。
また、上記の性質上、「随意契約」という名目で「見積」案件が公示されることもあります。

  • 不落随契

入札を行ったが落札者が出なかったが契約相手を締結した場合、「随意契約」として公表されます。

9. 見積(オープンカウンター)

複数の企業から見積もりを取り、受注先を決めることです。
特に、入札まで行う必要が無いと認められた案件の際に用いられることが多いです。

小額随契(見積)できる予定価格の限度
・都道府県及び政令指定都市:30~250万円(業務の種類によって限度額は異なる)
・その他市町村:30~130万円(業務の種類によって限度額は異なる)
※ これ以上の予定価格は競争入札を行うように指導されています。