ご相談無料

TEL 03-6225-0855

無料版を使う
ホーム

入札案件公示情報は、各省庁やその出先機関独立行政法人等の外郭団体地方自治体などのホームページ上に掲載されているものや、官報に掲載されているものが中心です。

皆さまの中には、普段から官報をチェックしているという方もいらっしゃると思いますが、最近入札に参加し始めたばかりというお客様から「そもそも官報って何ですか?」というご質問をいただくことが増えてきました。

そこで今回は、官報についてご紹介したいと思います。

 

官報とは?

NJSS用語集参照

官報とは、法律・政令等の制定・改正の情報や、入札情報が掲載されている国が発行している広報紙のことです。

官報は、国立印刷局が、行政機関の休日を除き、毎日発行しています。また、官報データはインターネット上からも閲覧することができます。

では、入札案件公示情報は、官報さえチェックしていれば漏れなく収集可能なのでしょうか?

 

官報に掲載されている入札情報はWTOに基づく政府調達案件(WTO案件)のみです。

NJSS用語集-国際入札参照

WTOに基づく政府調達案件WTO案件)とは、世界貿易機関 (WTO) の「政府調達に関する協定」及び

政府調達に関する申し合せ」により、予定価格が10万SDR(2007年現在1,600万円相当)以上の案件のことです。

ですので、予定価格が10万SDR(2007年現在1,600万円相当)以下の政府調達案件については、各省庁やその出先機関独立行政法人等の外郭団体地方自治体などのホームページをチェックしていかなければ、見逃してしまうことになります。

 

情報を制するものが入札を制する。

『入札の達人-入札において最も重要なものは『情報』である。』でも紹介させていただきましたが、入札では入札情報をモレなく収集することが大切です。

せっかく自社で対応できそうな案件があっても、知らなかったでは機会損失になってしまいます。

数多ある発注機関からでている入札情報を自社でも全て収集し続けることができるかどうかが入札における最大のポイントといえます。

 

NJSSなら全国の入札案件・落札結果を一括検索できます!!

NJSSでは、官報からの情報はもちろんのこと、各省庁やその出先機関独立行政法人等の外郭団体地方自治体(全国約4168機関(2010/11/4時点)のホームページ上の入札情報を網羅しています。

さらに落札結果も見ることができます。まずは無料トライアルで情報充実度をご実感下さい。

http://www.njss.info/