ご相談無料

TEL 03-6225-0855

無料版を使う
ホーム

NJSS(エヌジェス)事業部 マーケティング課 課長 金原(きんぱら)が執筆した記事が、環境保全と再資源化への提言紙『月刊廃棄物』(平成30年4月1日号)に掲載されました。

今回のテーマは「遺品整理」。超高齢化社会と言われますが、入札情報から自治体の取り組みの過去、現在、未来について考察しています。

記事の執筆にあたってはNJSSの情報源でもある、1,100万件超の入札情報データベースからデータを抽出しています。

月刊廃棄物2018年6月1日号

~2018年4月の公示案件数の合計は69,103件(前月比-3.06pt)~


「入札情報速報サービスNJSS〈エヌジェス〉官公庁・地方自治体入札市場レポート」は、
2008年より「入札情報速報サービス NJSS」を運営し、官公庁・地方自治体から公示される
入札案件を毎日収集し続けてきた、株式会社うるる が、毎月の入札市場と入札参加社の動向をお届けします。
※当調査は、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です

2018年4月の公示案件数の合計は69,103件(前月比 -3.06pt)

最多は東京都の6,037件,最少は山形県で491件

検索回数NO.1は「派遣」で、「観光」「オリンピック」なども順位を上げた


入札のプロが語る。データから読む入札の動向

予算消化が集中する年度末とほぼ同数の入札案件が公示された年度初めであり、「入札案件は一年を通して大量に出続ける」ということを肌に感じた4月であった。
特にNJSS内での検索キーワードとして順位を上げている、「観光」と「オリンピック」は連動している事が想定される。
「観光」で多く公開されているのは特定の地域の「観光客実態調査」である。本件はオリンピックの各種競技会場の観光客、集客力の調査を実施し、オリンピックの際の集客対策を実施する事が想定される。
故に、2年後に開催されるオリンピック関連案件については、設備関連の案件がある程度落ち着きを見せており、集客関連の案件が増えてくると思われるので、プロモーションやインバウンドに強い企業は入札参加をオススメしたい。
(NJSS事業部長 清水希)


入札情報速報サービスNJSSとは

市場規模21兆円の、全国の官公庁・自治体・外郭団体をはじめとした全国7,017の機関の入札/落札情報を一括検索・管理出来る業務支援サービス。
役務から物品、建設・工事まで、あらゆる分野の入札情報が検索可能。情報はクラウドワーカーが目視・手作業で収集を行っているので、プログラムのみでは取得できない情報も網羅されていることが最大の特徴です。

オーダメイド入札市場レポートのご提供について

官公庁・地方自治体入札市場レポートの提供に伴い【先着10社様限定】にて無料でオーダーメイドの入札市場レポートをご提供します。
自社で参加できる案件がどの程度あるのか、それらの案件はどのような企業にいくらで落札されているのか。
既に入札市場に取り組んでいらっしゃる方やこれから入札市場に取り組むことを検討している方には必見の内容となっております。

 受付中

《無料》入札市場レポートを申し込む

【ご注意事項】
・お問い合わせ頂いた企業様の業務内容によってはご提供できない可能性がございます。
・競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や個人様は提供をお断りいたします。
・NJSS未契約企業様向けとなります。
  ※すでにNJSS有料版をご利用の方は、こちら からお問い合わせください。
・当月次レポートは、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。
 当社は、当月次レポートに掲載されている投稿内容につきまして、情報の内容や正確さには細心の注意を払っていますが、利用者が当レポートの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
  お問い合わせ先:株式会社うるる NJSSセミナー事務局 03-6225-0855




NJSS(エヌジェス)事業部 マーケティング課 課長 金原(きんぱら)が執筆した記事が、環境保全と再資源化への提言紙『月刊廃棄物』(平成30年4月1日号)に掲載されました。

今回のテーマは「食品リサイクル」。3R、循環型社会などの仕組みから、堆肥化、食品の飼料化、など実務として動いている案件まで、さまざまな案件があり、自治体の取り組みが見えくる調査結果となりました。

記事の執筆にあたってはNJSSの情報源でもある、1,000万件超の入札情報データベースからデータを抽出しています。

月刊廃棄物2018年5月1日号

~2018年3月の公示案件数の合計は71,286件(前月比-59.08pt)~


「入札情報速報サービスNJSS〈エヌジェス〉官公庁・地方自治体入札市場レポート」は、
2008年より「入札情報速報サービス NJSS」を運営し、官公庁・地方自治体から公示される
入札案件を毎日収集し続けてきた、株式会社うるる が、毎月の入札市場と入札参加社の動向をお届けします。
※当調査は、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です

2018年3月の公示案件数の合計は71,286件(前月比 -59.08pt)

最多は東京都の6,684件,最少は山梨県で310件

検索回数NO.1は「清掃」で、「トンネル 工事」「プロポーザル」なども順位を上げた


入札のプロが語る。データから読む入札の動向

3月は年度切り替え案件が前月同様上位を占めた。1年後も同様の事象が起こるので、秋口位から年度末の案件獲得に向けての戦略を構築することを推奨する。
さて、年度が変わると行政機関内では異動が発生する。契約担当者の変更によって方針が変わり、新たな案件が公示される場合もあるので、状況変化を前提に入札市場に取り組む必要がある。
また、この時期の特徴として自治体から入札予告(予定)が公表されることがあるので、入札計画を立てる企業は是非確認をしておきたい。年度明けは、年度末だけ入札に取り組む企業が一旦入札市場から抜けるので、案件競争率が低くなる傾向がある。チャンスが拡大する時期なので、この時期だからこそ入札市場への取り組みの強化をおすすめしたい。
(NJSS事業部長 清水希)


入札情報速報サービスNJSSとは

市場規模21兆円の、全国の官公庁・自治体・外郭団体をはじめとした全国7,017の機関の入札/落札情報を一括検索・管理出来る業務支援サービス。
役務から物品、建設・工事まで、あらゆる分野の入札情報が検索可能。情報はクラウドワーカーが目視・手作業で収集を行っているので、プログラムのみでは取得できない情報も網羅されていることが最大の特徴です。

オーダメイド入札市場レポートのご提供について

官公庁・地方自治体入札市場レポートの提供に伴い【先着10社様限定】にて無料でオーダーメイドの入札市場レポートをご提供します。
自社で参加できる案件がどの程度あるのか、それらの案件はどのような企業にいくらで落札されているのか。
既に入札市場に取り組んでいらっしゃる方やこれから入札市場に取り組むことを検討している方には必見の内容となっております。

 受付終了

【ご注意事項】
・お問い合わせ頂いた企業様の業務内容によってはご提供できない可能性がございます。
・競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や個人様は提供をお断りいたします。
・NJSS未契約企業様向けとなります。
 ※すでにNJSS有料版をご利用の方は、こちら からお問い合わせください。
・当月次レポートは、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。
 当社は、当月次レポートに掲載されている投稿内容につきまして、情報の内容や正確さには細心の注意を払っていますが、利用者が当レポートの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
  お問い合わせ先:株式会社うるる NJSSセミナー事務局 03-6225-0855




NJSS(エヌジェス)事業部 マーケティング課 課長 金原(きんぱら)が執筆した記事が、環境保全と再資源化への提言紙『月刊廃棄物』(平成30年4月1日号)に掲載されました。

「官公庁入札情報からみる「高齢者ごみ出し支援」の実態」というテーマで、超高齢社会への取り組みを、ごみ出しという日常でどのように対策されているのか、今後どのような入札案件として広がっていくのか、実態の把握と考察をしています。

記事の執筆にあたってはNJSSの情報源でもある、1,000万件超の入札情報データベースからデータを抽出しています。

~2018年2月の公示案件数の合計は113,402件(前月比+15.43pt)~


「入札情報速報サービスNJSS〈エヌジェス〉官公庁・地方自治体入札市場レポート」は、
2008年より「入札情報速報サービス NJSS」を運営し、官公庁・地方自治体から公示される
入札案件を毎日収集し続けてきた、株式会社うるる が、毎月の入札市場と入札参加社の動向をお届けします。
※当調査は、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です

2018年2月の公示案件数の合計は113,402件(前月比 +15.43pt)

最多は東京都の13,174件,最少は山梨県で595件

NJSS内検索回数NO.1は「遺失」,他に「スクールバス」なども順位を上げた


入札のプロが語る。データから読む入札の動向

年度末特有の施設警備、施設清掃の年間契約更新案件がある為、「警備」「清掃」が検索キーワードの上位にきている。
また、「スクールバス」や「遺失」というキーワードの急上昇にも同様の背景がある。「スクールバス」においては、警備・清掃同様4月からの運行業務年間契約の案件が公示される為、キーワードが上昇した。
また1位の「遺失」については、電車やバスなどで持ち主不明の物品が各自治体や警視庁に集まるが、特定の期間保管を経て、廃棄や売却措置が取られる。その為、リサイクル業者や産業廃棄物業者がこの類の案件を集中して収集した事が想定される。
(NJSS事業部長 清水希)


入札情報速報サービスNJSSとは

市場規模21兆円の、全国の官公庁・自治体・外郭団体をはじめとした全国7,017の機関の入札/落札情報を一括検索・管理出来る業務支援サービス。
役務から物品、建設・工事まで、あらゆる分野の入札情報が検索可能。情報はクラウドワーカーが目視・手作業で収集を行っているので、プログラムのみでは取得できない情報も網羅されていることが最大の特徴です。

オーダメイド入札市場レポートのご提供について

官公庁・地方自治体入札市場レポートの提供に伴い【先着10社様限定】にて無料でオーダーメイドの入札市場レポートをご提供します。
自社で参加できる案件がどの程度あるのか、それらの案件はどのような企業にいくらで落札されているのか。
既に入札市場に取り組んでいらっしゃる方やこれから入札市場に取り組むことを検討している方には必見の内容となっております。

 受付終了

【ご注意事項】
・当月次レポートは、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。当社は、当月次レポートに掲載されている投稿内容につきまして、情報の内容や正確さには細心の注意を払っていますが、利用者が当レポートの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
  お問い合わせ先:株式会社うるる NJSSセミナー事務局 03-6225-0855




NJSS(エヌジェス)事業部 マーケティング課 課長 金原(きんぱら)が執筆した記事が、環境保全と再資源化への提言紙『月刊廃棄物』(平成30年3月1日号)に掲載されました。

「官公庁入札情報からみる「最終処分場」」というテーマで、身近なゴミのうち、リユースやリサイクルが困難なものの終着地点である最終処分場に関連する入札のお仕事について執筆をしております。

記事の執筆にあたってはNJSSの情報源でもある、1,000万件超の入札情報データベースからデータを抽出し考察をしております。

『月刊廃棄物』(平成30年3月1日号)

入札情報速報サービスNJSS(エヌジェス)の1000万件超の入札案件と、800万件超の落札結果を保有する入札案件データベースからデータを抽出、分析したレポートが、日本経済新聞社が提供する「日経テレコン」でダウンロードいただけます。

 
「NJSS (エヌジェス) 国・自治体の入札分析レポート」は、NJSS内に蓄積された膨大なデータ(*1)を元に、「企業別」「業界別」「機関別」の3カテゴリーの入札や落札状況を様々な切り口から分析したレポートです。
 
企業別、業界別、機関別の全671レポートをぜひ御覧ください。
 
 
日経テレコンからのお知らせ  「NJSS (エヌジェス) 国・自治体の入札分析レポート」を更新
 
日経テレコン サービスと機能

~2017年12月の公示案件数の合計は75,587件(前月比-5.65pt)~


「入札情報速報サービスNJSS〈エヌジェス〉官公庁・地方自治体入札市場レポート」は、
2008年より「入札情報速報サービス NJSS」を運営し、官公庁・地方自治体から公示される
入札案件を毎日収集し続けてきた、株式会社うるる が、毎月の入札市場と入札参加社の動向をお届けします。
※当調査は、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です

2017年12月の公示案件数の合計は75,587件(前月比 -5.65pt)

最多は東京都の7,884件(前月比 +8.36pt),最少は山形県で338件(前月比 -23.35pt)

NJSS内検索回数NO.1は「リニア」(前月:133位),「豊洲」等も順位が上がった


入札のプロが語る。データから読む入札の動向

12月はニュースにもなったリニア新幹線の談合から検索数が一気に上昇した。また、築地市場の豊洲移転が決定した事も現在のトレンドに伴う上昇背景が考えられる。時流と入札案件との関連性が強く伺える月となった。
「電話」「アンケート」の上昇にも注目してみよう。電話については4月からの携帯電話の契約更新等が増えている。アンケートについては、自治体であれば居住している方へ対しての自治体への満足度調査等が実施され、おそらく翌期の課題を把握する為に今期中に実施する背景がある事が想定される。
先月同様、予算消化の色が強くなる時期の為、情報は広く収集する必要性がある時期と考えられる。
(NJSS事業部長 清水希)


入札情報速報サービスNJSSとは

市場規模21兆円の、全国の官公庁・自治体・外郭団体をはじめとした全国7,017の機関の入札/落札情報を一括検索・管理出来る業務支援サービス。
役務から物品、建設・工事まで、あらゆる分野の入札情報が検索可能。情報はクラウドワーカーが目視・手作業で収集を行っているので、プログラムのみでは取得できない情報も網羅されていることが最大の特徴です。

【ご注意事項】
  ・当月次レポートは、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。当社は、当月次レポートに掲載されている投稿内容につきまして、情報の内容や正確さには細心の注意を払っていますが、利用者が当レポートの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
  お問い合わせ先:株式会社うるる NJSSセミナー事務局 03-6225-0855




~2018年1月の公示案件数の合計は95,906件(前月比+21.19pt)~


「入札情報速報サービスNJSS〈エヌジェス〉官公庁・地方自治体入札市場レポート」は、
2008年より「入札情報速報サービス NJSS」を運営し、官公庁・地方自治体から公示される
入札案件を毎日収集し続けてきた、株式会社うるる が、毎月の入札市場と入札参加社の動向をお届けします。
※当調査は、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です

2018年1月の公示案件数の合計は95,906件(前月比 +21.19pt)

最多は東京都の11,065件(前月比 +40.35pt),最少は山形県で489件(前月比 +44.68pt)

NJSS内検索回数NO.1は「清掃」(前月:3位),大きく順位を上げたのは「電話交換」「販売機」


入札のプロが語る。データから読む入札の動向

前月3位の「清掃」が今月は1位になった。背景としては翌年度から1年間の清掃請負案件の切り替え決定時期であり、最も清掃の案件が多くなる時期である。
同じ背景で上位に上がったと考えられるのが9位「電話交換」13位「販売機」である。
年度の切り替えとして、施設の設置物の年間更新や、入れ替え関連の案件が増える時期である。特に施設関連においては保守、点検業務も増える為、幅広い情報収集が必要である。また、物品系を扱っている企業においては、応札可能案件を増やすために自社商材を改めて見直し、入札案件を広く収集する事が重要である。
(NJSS事業部長 清水希)


入札情報速報サービスNJSSとは

市場規模21兆円の、全国の官公庁・自治体・外郭団体をはじめとした全国7,017の機関の入札/落札情報を一括検索・管理出来る業務支援サービス。
役務から物品、建設・工事まで、あらゆる分野の入札情報が検索可能。情報はクラウドワーカーが目視・手作業で収集を行っているので、プログラムのみでは取得できない情報も網羅されていることが最大の特徴です。

オーダメイド入札市場レポートのご提供について

官公庁・地方自治体入札市場レポートの提供に伴い【先着10社様限定】にて無料でオーダーメイドの入札市場レポートをご提供します。
自社で参加できる案件がどの程度あるのか、それらの案件はどのような企業にいくらで落札されているのか。
既に入札市場に取り組んでいらっしゃる方やこれから入札市場に取り組むことを検討している方には必見の内容となっております。

 受付中

《無料》入札市場レポートを申し込む

【ご注意事項】
  ・お問い合わせ頂いた企業様の業務内容によってはご提供できない可能性がございます。
  ・競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や個人様は提供をお断りいたします。
  ・NJSS未契約企業様向けとなります。
   ※すでにNJSS有料版をご利用の方は、こちら からお問い合わせください。
  ・当月次レポートは、NJSSで収集している案件を元とした独自調査です。当社は、当月次レポートに掲載されている投稿内容につきまして、情報の内容や正確さには細心の注意を払っていますが、利用者が当レポートの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
  お問い合わせ先:株式会社うるる NJSSセミナー事務局 03-6225-0855